遊び

事件は海のシャワーで起きた

山の日の前日、無理くり有給休暇を取って家族旅行とやらに行ってきました。 お盆休みが無いことはわかってたので、なかば強引に休んで旅行に行くという運びになったんです。 家族からの圧力 というのも家族からの圧力がハンパないんですね。どっか連れてけ...
仕事

【書評】漫画「左ききのエレン」を読んだら仕事観が揺さぶられた

たま〜に、読むことが止められなくなる漫画に出会います。 「やめられない、とまらない」ってやつです。 ふいにそーゆー漫画を読んじゃうともう眠れないんですよね。ぶっ通しで読まないと気が済まなくなっちゃう。 で、考えてみたら自分の中でそんな漫画に...
仕事

転職活動で気づかされたこと

転職という言葉を意識し始めてから数ヶ月が過ぎました。 以前こんな記事を書いたんですけど、ひょんなキッカケで1社面接を受けることになったんです。 で、どうせ受けるなら・・・「自分がやりたい業種で挑戦したろう!」って意気込んで行ってきました。...
生活

サラリーマンのクールビズ事情・半袖ワイシャツやリュックはダサいのか?

サラリーマン12年目の夏。 サラリーマンと夏の掛け合わせって本当によろしくないですよねぇ。 「サラリーマン」×「夏」=「過酷」 まさにこれです。 12年目にしてこの公式をしみじみ再認識しております。本当にツライ。   そんなサラリーマンの天...
社会

男34歳。はじめて「火垂るの墓」を観る。

これまで「ジブリを愛してやまない系」の記事をいくつも書いてきました。 ただ、白状するとジブリの中でどーしても観れない映画があったんですね〜。 そう。「火垂るの墓」です。   「4歳と14歳で生きようと思った」というキャッチコピーで1988年...
落語

落語を聞かない妻を爆笑させた春風亭一之輔という男

前回、こんな記事を書きました。 暖かいコメント、励ましの言葉、具体的なアドバイスなどをたくさん頂き本当に嬉しかったです! ありがとうございます!! ちなみに頂いたコメントは「本人」である妻にも見せまして・・・ 感涙しておりました...
生活

専業主婦になりたいと言った妻が苦しんでいる

子育てとは大変な労働です。 平日、我が家は自分が外に出て生活費を稼ぎ、妻が子供たちの生活を担うって感じのスタイルでやってます。 平たく言うと、完全に分業制。(言い方はアレですが・・・) なもんで、妻は俗に言う「専業主婦」というやつなん...
生活

昭和の名曲を祖母にプレゼントした

祖母がいます。 現在93歳。施設で暮らしているので定期的に会いに行ってるんですね。 で、行くたびに「あぁ〜〜!久しぶりだぁ〜」といってオイオイ泣くんですよ。 で、自分ももらい泣きしてしまうのが毎度お決まりのパターンになってます。 祖母の記憶...
仕事

センスが良い人って一体「何」が良いの?ハイセンスな人が備えてる5つの能力

最近「センス」って言葉を耳にすることが増えました。 自分もブログのタイトルで使ったりしてるんですけど、ここまでフワフワした曖昧な言葉って珍しいですよね〜。 さらにこの言葉、使い方によってはめちゃくちゃ攻撃的にもなります。 最強のマウンティン...
仕事

【達筆への挑戦】字をきれいに書くためにはどんな練習をすれば良いのか?

最近「人の字」って見る機会が減ってますが、ふと書面に書かれたものが美文字だったりすると「おっ!」と思うのは自分だけでしょうか? 調べてみると意外にもあの人が?・・・的なことが多かったんです。 というのも自分が敬愛する心の師匠、ジブリの鈴木プロデューサーの字がステキなんですよね〜。個性豊かな達筆というか。こんな感じ!
タイトルとURLをコピーしました